会津おとこ賦(1)はどうなの?

会津鶴ヶ城を背に初日の出を仰ぎながら剣大介は心に誓った。
オレは剣の道を極め漢になるのだ!! 春とは名のみの雪深い会津に16歳の若い血潮は雄叫びをあげるのだった……巨匠が描く、青春ロマン長編!剣大介は叫んだ!! 絶対に白虎学園剣道部を再建するんだ! 男が漢になるためにオレは命を懸けるのだ。
裂帛の気合をこめて打ちこむ剣先に青春の情熱がほとばしるのだった……巨匠が描く、青春ロマン長編!白虎学園剣道部主将剣大介17歳。
恋に悩み友情に泣き若人の日々はぎらぎらと燃えるのだ。
悩め!! 泣け!! そして二度とこない青春に悔いをのこすな……巨匠が描く、青春ロマン長編!!後藤田の特訓に耐えぬいた剣大介は宿命のライバル岡田隼人と鶴ヶ城内武徳殿で対決中だった。
果たして白虎杯剣道大会の勝者は岡田か剣か!? と、そのとき場外で一大事件が……巨匠が描く、青春ロマン長編!!剣大介は憧れの小夜子の甘い誘いを断ち、留奈から贈られたお守りを胸に、黄昏の夕日を背に受けながら今日も漢道を求めて一人剣道の稽古に励むのだった……巨匠が描く、青春ロマン長編!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60015967