備前です。

窯変の美をもつ古備前を中心に、現代の作家の作品も紹介し、備前焼の歴史とやきものの心を。
仁清・乾山・木米・光悦・道八・旦入と、清水六兵衛をはじめ現代京焼を代表する諸作家の作品を。
桃山末期から現代に至るまでの作品と古唐津の古き窯里を紹介し、古唐津の陶技とその鑑賞法を。
創業百二十年、歴史の浅い陶業地、栃木県益子の日常雑器、浜田庄司や若い陶工達の作品を紹介。
大壺・樽・水指・たぬきなど、信楽焼の全貌と陶郷の歴史を追って紹介、伊賀焼にもふれている。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60003226