一撃拳(1)です。

大輪寺拳法の継承者、坂本一撃が帰ってきた。
大輪寺拳法の修練所・大輪寺学園から3年ぶりに地元に戻った一撃は、暴走族の集団に襲われた少女を助けたことから、暴走族の抗争に巻き込まれる。
一撃に相対する族のヘッド祭門凌は、かつて大輪寺学園南舎舎番を務めた大輪寺南拳の使い手だった。
星ヶ丘高校を恐怖で支配する運動部統治会。
彼らは自分たちの意向に従わない一撃を、組織をあげてつぶそうとする。
なんとか統治会保安隊の空手部副将を撃退した一撃だったが、今度は不敗を誇る保安隊長、絹玉袋が襲いかかる。
不死身とまで言われるタフな絹玉袋は一撃がどれだけ攻撃しても動じない。
消滅した大輪寺学園を再興する企みが密かに進行していた。
学園の残党が野望を実現させるためにワルの巣窟・一ツ輪高校を根城に横暴の限りを尽くす。
彼らは学園再興の鍵となる、大輪寺拳法の継承者にのみ伝えられる「三つの秘物」の入手に血眼になっていた。
陰謀を阻止するべく一撃たちは立ち上がる。
暴漢に襲われ危ういところを、たまたま一家で通りがかったプロゴルファーに助けてもらった女子高生・青芝遥。
しかしその恩人夫婦は、幼子を一人残し交通事故に巻き込まれて亡くなってしまう。
残された子供を育てていくために遥はプロゴルファーになることを決意。
猛特訓の末、プロテストのグラウンドに立った。
「アルバトロスの伝説」を残した名女子プロゴルファー青芝遥を育ての親に持つ、風見ダンは中学生に成長し、ジュニアゴルフの名門、王鷲学園に転校する。
登校早々、ダンはゴルフ部の主将で、全国ジュニアNo.1の来恩寺に勝負を挑む。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60004667